平常授業を再開しました。

2020.06.01

6月1日(月)から、本校では、通常の教育活動が本格的に再開され、終日の授業と部活動が行われます。
これまでの臨時休業の関係から、この4月に本校に赴任した下田真一校長が、全校生徒に挨拶する機会がなかったため、この教育活動再開に当たり、朝のSHRで放送にて、全校生徒へのメッセージを次のように送りました。

『私は大塚校長の後任で赴任をしました校長の下田真一と申します。どうぞよろしくお願いいたします。本日より学校が完全再開するに当たり、お願いを含めて一言挨拶をいたします。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、春休みを含め、約3ヶ月にわたる長い臨時休業措置がとられました。生徒の皆さんにおきましても心身ともに厳しい期間であったと思います。また、私たちにとって大切な節目である入学式や始業式なども実施できずに今日に至ったことは残念でなりません。

また、部活動や学校行事などにも大きな影響がでました。これまでの皆さんが積み重ねてきた努力の成果を発揮すべき大会などが中止となり、とても残念で悔しい気持ちでいっぱいです。特に、3年生の皆さんのことを思うと胸が痛みます。まだ、気持ちの整理がつかないところかもしれませんが、1日も早く気持ちを切り替えて進路実現に向けた取り組みに全力を注ぐことを望みます。

さて、学校では臨時休校が開け、2週間をかけて分散登校、午前中授業という形で学校を徐々に再開してきました。そして、本日、やっと完全再開を迎えました。制約・制限のある中での教育活動の再開になりますが、それぞれの目標や学年目標の達成に向けて明るく元気に取り組んでください。もし、完全再開に向け、何か不安や心配事があれば遠慮せずに相談してください。

ここでお願いになりますが、コロナウイルス感染症に対しては、まだまだ要注意です。今後も、これまで取り組んできた感染防止対策を必ず継続させてください。また、新しい生活様式に取り組むことや学校生活における新たなルールには必ず従うようにお願いいたします。ようやく再開された学校生活です。みんなで協力し学校生活を守りましょう。皆さん一人一人の行動が充実した学校生活へと繋がります。自分のことだけでなく周りへの配慮ある言動をお願いします。

終わりに、2ヶ月遅れのスタートに学習などの不安を感じている人がいるかもしれませんが、大丈夫です。安心してください。これまでと変わらぬ志を持ち、日々自分自身を律しながら努力を継続してください。必ず道は拓けます。それでは皆さん、令和2年度の教育活動の新たなスタートです。皆さんのこれからの頑張りを大いに期待しています。以上、学校再開に向けての挨拶とします。』

なお、授業を行う際には、引き続き、以下の点に留意して感染症予防対策を行います。
・全員が毎時間マスクを着用しているかを確認して授業を開始します。
・3つの密が重ならないよう、ペアワーク、グループ討議等、近距離での活動は行いません。
・教員と生徒の距離を十分に取ります。
・共有で物に触れたあとは必ず、手洗いを励行させます。
・更衣場所で密にならないよう配慮します。

▼放送室から挨拶する下田校長

▼朝のSHRの模様